設置例

設置例

「スモーク&トーク導入実績」
 
 某出版社様
 

スモーク&トーク導入前の喫煙所はどのような状態だったのでしょうか?

━以前は喫煙場所が2か所ありました。1か所は小さな換気扇付近を喫煙場所としていましたが、4~5人が同時に喫煙すると辺りに煙が充満していました。

もう1か所はパーテーションで仕切った部屋にカウンター式の分煙機を置いて喫煙室としていましたが、吸引、排気が追いつかず隣の執務室にたばこの臭いが漏れてしまっていました。そんな状態が続いていました。

2018年1月の社内意見交換会で「たばこの煙、臭いが気になる」という話が出たことを契機に、また、受動喫煙についての法整備が進んでいたこともあって、受動喫煙防止に向けて本格的に取り組むことになりました。

 
 
スモーク&トーク導入まで、どのような経緯があったのでしょうか?

━厚生労働省の「受動喫煙防止対策助成金制度」の活用を視野に入れ2018年2月から

喫煙室、分煙機の資料を集め、検討を始めました。助成金制度を活用するには屋外排気をす
 
る必要がありました。しかし、近隣への影響を考えると単純にダクトで屋外排気を
するわけにはいかず、排気方法の検討で行き詰まっていました。
そこで、屋外排気を必ずしも前提としない喫煙キャビンタイプも
検討するようになりました。
 

 

いくつかの候補からスモーク&トークをお選び頂いたそうですが。
━まずは喫煙キャビンタイプの製品にはどのようなものがあるのかを探して、設置場所に収まらない寸法の
製品を候補から外し、製品を比較検討していくことにしました。
最初に検討した製品は、ダクト設置工事をすることで厚生労働省の助成金制度の対象となるものでしたが、
ダクトを設置すると天井の高さが足りず、決定するまでには至りませんでした。
もう一つの製品は、寸法の点では問題がありませんでしたが、ランニングコストが高いということで
候補から外れました

「スモーク&トーク」はダクト対応なしのタイプでしたが、たとえ助成金制度の対象外であっても、
きちんとした受動喫煙対策を実現できるものを導入すべきと考え、御社のショールームで製品を
試用させていただくことにしました。実際に試すことで製品の良さ、効果を実感しました。
幸いにも弊社内にサンプルを設置して試用させていただけることになったので、喫煙者と非喫煙者の双方
に意見を求め、受動喫煙防止を実現できていることを確認したうえで導入を決めました。

 

スモーク&トークを導入されていかがでしたか。
━たばこを吸わない社員がたばこの煙、臭いを気にすることがなくなりました。
また、喫煙キャビンからたばこの煙、臭いが漏れないので、現にたばこを吸っている者と、
たばこを吸わない者とが気軽に立ち話をすることができるようになりました。
「スモーク&トーク」の導入は、喫煙者と非喫煙者の双方にとって有益であったと思います。
受動喫煙防止という点で職場環境の改善としては大きいです。
利用している社員からは「デザインもいいね。新幹線のデッキをイメージさせる。」という声も聞いています。

総務部

 
 
 
 
 
 
 

銀行

カフェ

空港

食堂

       

PAGE TOP